洋食にも合う!便利なだしパックを使った、あったかレシピ4選

みなさんこんにちは!

日ごとに寒くなり、上着が手放せなくなってきましたね。
私の最近の夜ご飯はもっぱら鍋でして、週4ぐらいのペースで食べています('-' ) すぐ作れて簡単なので、一人暮らしの強い味方ですね。

今回は新発売の「幸だし」を使った、今の時期にぴったりなあったかい料理を4つご紹介!ティーパックタイプなので使い方も簡単。

動画もありますので、ぜひ見ながら作ってみてください♪
それではどうぞ↓

 

1 だし香る、さつまいもご飯

 さつまいもご飯

●材料(4~5人分)
さつまいも   200g
米       2合
幸だし(いりこ)1パック~
塩昆布     少々

●作り方
①さつまいもを角切りにして水に10分ほどさらす

②炊飯器に洗ったお米とサツマイモを入れ、2合の線まで水を注ぐ

③だしパックを入れ通常モードで炊飯
→1パックだと優しい味わいになります。だし感を強めにしたい方は、お好みでパックを追加してもOK。

④お好みで塩昆布をちらして完成!

 

2 レンジで簡単!茶わん蒸し

 茶わん蒸し

●材料(2個分)
むきエビ  4匹
かまぼこ  4枚
椎茸    15g
卵     1個
幸だし 鰹 1パック
水     300ml

●作り方
①水にだしパックを入れ沸騰させ、中火にして2分待つ
煮だした分150mlのみ茶碗蒸しに使用する

②スライスした椎茸・むきエビ・かまぼこを茶碗蒸しの器に入れ、ラップをして600wで2分加熱

③卵を混ぜ、人肌に戻した出汁を加えてさらに混ぜる

④こし器でこしながら、温めた具材の入った器に卵液を流し入れる

⑤気泡があれば爪楊枝でつぶし、ラップをかけて200wで6分加熱

⑥固まっていなければ1分ずつ追加で加熱

⑦お好みで三つ葉や豆苗を飾れば完成!

 

3 お酒のシメに、缶つまで牡蠣だし茶漬け

 牡蠣茶漬け

 ●材料(1人分)
ごはん お茶碗一杯分
幸だし(あご) 1パック
水 300ml
缶つま 広島産かき燻製醤油漬け 好きなだけ

●作り方
缶つまの牡蠣をご飯にのせて、上からだし汁をかけるだけ!おつまみが余っても、これならシメまで満喫できます。

牡蠣の旨味と相まってぜいたくな味わいです。 

4 野菜だしでコクうまロールキャベツ

ロールキャベツ

●材料(4個分)
キャベツ   4枚
豚ひき肉   200g
玉ねぎ    1/2個
卵      1個
水      600cc
幸だし(野菜) 2パック
塩・胡椒  少々


●作り方
①キャベツは芯を薄く切り落とし、水気がついたままラップして600wで2分加熱

②ひき肉・みじん切りにした玉ねぎ・卵・塩コショウを混ぜ合わせる

③肉だねをキャベツで巻く。巻き終わりは爪楊枝かパスタで固定する

④深めのフライパンに、ロールキャベツの巻き終わりが下になるよう並べる

⑤水と出汁パックを入れ落し蓋をしたら、中火で20分煮込む

⑥お好みでブラックペッパーをかけて完成!

洋食でコンソメの代わりにおだしを使うと、いつもと違ったコクを加えられます。とってもおススメ!

ーーーーーーーーーーーーーーーー

いかがでしたか?

いつもの料理に入れるだけで味がランクアップする、便利な「幸だし」。
ぜひお試しください♪

ーーーーーーーーーーーーーーーー

レシピの動画はこちら

 

 

関連商品はこちら

 

 


この投稿をシェアする



← 前の記事へ 次の記事へ →


0件のコメント

コメントを残す

TOPに戻る